東京・新宿オランジェ矯正歯科、丸の内オランジェ矯正歯科、大阪・梅田オランジェ矯正歯科。審美歯科治療・一般歯科治療もご相談ください。

インプラント矯正

1インプラント矯正の器具の特徴

correction-implantインプラント矯正は小さな金属器具を奥歯や顎の骨に埋め込み、それを固定源とし利用して歯を矯正する方法で、従来の矯正よりも比較的短時間かつ安定して歯の位置を移動させられるメリットを持った治療技術です。

インプラント矯正で使用する器具は矯正用インプラントとも呼ばれており、通常のインプラントと似たような形状のビス型マイクロインプラントに加えて、状況に応じて特殊なプレート型のインプラントが用いられます。

一般的にインプラント矯正で用いるこれらの器具は、アレルギーや腐食の問題を起こしにくいチタン製のものが大半という特徴を持ち、固定源として使われる最も小さいネジ型の器具は約5mm程度の大きさで設計されています。また、チタンは骨と結合しやすい金属である理由から、埋め込んだ器具は頑丈で移動する事がないので、動かしたい歯と固定源同士をワイヤーで繋ぎ、引っ張られる力を利用して無理なく矯正を目指す治療が可能となります。

2インプラント矯正の治療方法

従来の歯の矯正は、ブラケットという金属器具を歯の表面に取り付け、そこにワイヤーを通して歯並びの治療を行います。しかし、歯を動かす量には限界があるため、これまでは患者様の希望通りの歯の動きが不可能であったり、かみ合わせを良くするために非常に長い治療期間がかかってしまっていました。

インプラント矯正は、まず固定源とするインプラントを埋める手術を行い、そこを基点としてワイヤーを通して矯正を行います。この方法により、これまでの歯の移動量の限界をはるかにしのぐ治療が可能になり、大きく審美的な改善が可能になるとともに、そこまでの治療期間も短縮して治療を終えることができます。

3インプラント矯正の治療期間

インプラント矯正では、従来の矯正治療よりも高い治療結果を目指した治療を行います。

それにより大きく口元をひっこめることで顔を美しくしたり、ずれた咬み合わせを完璧な位置まで動かすことで正しい咬み合わせにしたりといった治療結果が得られます。
しかし、そのための治療期間は長引いてしまうような気がしてしまいますが、確実な固定源を利用した効率的な歯の移動を行うことで治療期間を延長することなく従来の矯正治療と同等、あるいは若干短縮した期間で治療を終えることができます。

4インプラント矯正の矯正治療費用

基本矯正治療費のみ、追加費用なし

5インプラント矯正の治療のメリット

インプラント矯正治療の最大のメリットは何と言っても、最終的な矯正治療の仕上がりが従来よりもはるかに向上することです。

これまで矯正治療をしたけど納得した結果は得られなかったという方も、インプラント矯正を行うことでより満足度の高い矯正治療をうけることができます。

今までは不可能だった困難な矯正治療を可能にする最先端技術の矯正治療です。

メリット これまでより難解な矯正治療が可能
矯正治療期間の短縮
ヘッドギアーなどの付加装置が必要なし

6インプラント矯正の治療のデメリット

インプラント矯正を受ける前にはそのデメリットも確認しておきましょう。

インプラント矯正のデメリットはいくつかありますが、なんと言ってもインプラントのために手術をしなければいけないという点です。手術自体はもちろん麻酔は必要ですが、術後の腫れや痛みもありませんし手術自体も5分程度で終わる簡単な手術なのでご安心ください。

また、治療費が高くなったり(当院ではインプラント矯正にかかる追加費用は一切ありません)、そもそも最先端技術であるためこの治療法を導入している矯正歯科はまだ少ないという問題もあります。

CONTACT

初診予約・ご相談はお気軽にご連絡ください。

矯正歯科に関するお問い合わせはお気軽に。
患者様から寄せられるご質問とその回答もご利用ください。

矯正歯科がはじめての方へ 初診予約やご相談はお気軽に。 矯正専門ドクターが教える矯正歯科医院選びのポイント オランジェ矯正歯科 あんしん保証制度

新宿オランジェ歯科 一般歯科 梅田オランジェ歯科 一般歯科

初診予約・ご相談はお気軽にご連絡ください。

ページ上部へ戻る